ハゲのトリセツ

毎日たのしーなー。

【まとめ】ハゲ、200日にわたる死闘

 

4月19日からスタートしたAGA(薄毛)治療生活は本日、200日目に達しました。節目を記念し、我が頭髪の軌跡を振り返ります。

 

まずは、治療開始前の2月段階。たとえて言うなら戦禍残るゴラン高原みたいな頭頂部です。

f:id:zzz2200:20190924082441j:plain

 

それが5月頭、ゴールデンウイークくらいには、ススキの茂る草原になります。

f:id:zzz2200:20190707072900j:plain

まあ、まだ内実は同じようなものですね(ノД`)・゜・。

 

ちなみに、このころの生え際側はこんな感じです。

f:id:zzz2200:20190620084919j:plain

だいぶハゲ上がっちゃってました(/_;)

 

季節は春から初夏、盛夏へと移っていきまして、治療開始100日目ともなると、かなりいい感じに変貌していきます。

 

f:id:zzz2200:20190727090621j:plain

 

ほくろをメルクマール(笑)に、生え際の再生具合を見て取ることができます。頭頂部もかなり黒々していますねえ。

 

f:id:zzz2200:20190727090637j:plain

でもって、後頭部です。左側が薄く見えますが、こちらもかなり戻ったと言えるのではないでしょうか。

 

そんで今日、200日目の状態です。

 

まずは生え際。
f:id:zzz2200:20191104084321j:image

 

続いて後頭部。
f:id:zzz2200:20191104084338j:image

 

 このところ、季節の変わり目ってやつだそうで、抜け毛が結構あるもんですから、特に後頭部は若干、100日目より薄く感じます。生え際はそうでもないんですけどねー。

 

もともと皮膚が弱いたちでして、絆創膏を貼っただけでも赤く腫れあがることがあります。頭皮も同じでして、飲み薬のせいなのか、シャンプーが合わないのか、つむじ周辺が赤いんですよねえ。

 

治療は1年間続きます。

 

ということは、あと165日か~。

 

ゴラン高原やススキ野だった頃を考えれば、現時点でもそれなりに満足しているんです。でも、人間の欲望はキリがないもんで、少なくとも薄く見える部分がなくなればいいなあ、なんてね( *´艸`)

 

そんでもって、その状態を維持し続けること。ダイエットもそうですが、維持って最も難しいですよねー。

 

そんな時、2月とか5月とかの頭皮写真を眺めるんです。マゾヒスティックですが、これが効くんですよー。

 

「あの頃には戻りたくない!」。ハゲは、ハゲの辛さを知っているのです。

 

薄毛に悩む皆様に、こういう事例もあると知っていただければ幸いです。

 

hagenotorisetsu.hatenablog.com

 

なお、私の通院先は湘南メディカルクリニックです。「メソセラピー」と呼ばれる 頭皮への薬剤注入と、経口薬による治療です。ご参考までに。