ハゲのトリセツ

毎日たのしーなー。

ハゲと一升餅(186日目)

 

娘が間もなく1歳の誕生日を迎えます。いや~、いろいろあったけど、もう1年かあ。まだ1年とも言えるのでしょうが(感涙)。

 

我が家では私の両親が俄然張り切っており、「一升餅だな。買わないとな」と言って早速注文していました。

 

一升餅、皆さんはご存じでしょうか。結構、各地に残る風俗のようですが、東日本だけなのかな?

 

平たく言えば、一升分のお米(約1・8kg)を使って作るお餅を1歳になった子どもに背負わせるお祝いのことです。

 

f:id:zzz2200:20191021083421j:plain

親がいなくなっても、食べていけますように

 

「一升」と「一生」の語呂合わせで、「一生食べ物に困らないように」のような意味合いがある民俗信仰ですね。英語圏の国で言えば、「銀の匙」になるんでしょうか。

 

このお餅、実際は蒸してお餅をつくことから2kgぐらいの重さになります。ようやく立つようになり、早い子だと歩き始めるというくらいの子どもに2kg! 重くて泣きだす子もいますよね。

 

地域によって背負わせ方も色々なんでしょうが、私の地方ではお腹と背中側にポケットが付いた赤い袈裟のような物を掛け、ポケットにお餅を入れてやります。

 

その大イベント?が迫った我が家の女児はいたってマイペース。父親に似たのか物怖じ、人見知りしない性格で、誰にでも笑いかける八方美人です。

 

言い換えれば、外面がいいって言いますか。

 

さて、その彼女、重さに耐えきれるのかなあ。泣いちゃったら泣いちゃったで、いい記念になるんだけど、できたら背負ってこらえてほしいな。君の人生に幸あれ、ですね。

 

hagenotorisetsu.hatenablog.com

 

 お餅の購入はジジババに任せましたが、父親としては一応、どんな物か調べてみました。今って様々なお餅があるんですねえ。

 

昔は「人生円満に」に掛けて丸いお餅ばっかりでしたが、今はハート型だのウサギさん形だのあるんです。色もカラフル。白ばっかりじゃないのね。

 

背負わせる物も、昔風の袈裟みたいなヤツじゃなく、かわいらしいリュックサックとか。水色やピンクのパステルカラーで、天使の羽みたいな模様も入れてありました。

 

不景気とか可処分所得が上がらない時代って言われますけど、皆さん、子どものことにはお金を掛けますもんね~。

 

ウチは普通が一番、てことで紅白の丸餅にしましたが、ハート型とウサギさん型をピンクのリュックに入れる親もいるんだろうなあ。

 

ところでウチの娘、以前、どっちが髪が増えるか競争していたことがありました。が、結果は言うまでもなく彼女の圧勝。なかなか生えなかった後頭部も増え始め、だんだん女子力が上がりつつあります。

 

hagenotorisetsu.hatenablog.com

 

 父親は抜け毛の方が心配だってえのに………。


頭皮に銀の匙でも付けて生まれてきたんじゃねえか?
 
人生これからの女子と、不惑を過ぎたオッサンじゃ勝負になんねーわ。

 

せめて彼女が小学校に上がった時、授業参観でハゲた親父とお友達に思われないように頑張らないとね。

 

さあて、AGA(薄毛)治療生活は186日目となりました。


f:id:zzz2200:20191021084502j:image

 お餅のように地肌が露出しないよう、気を遣う日々が続きます。