ハゲのトリセツ

毎日たのしーなー。

「チェルノブイリ」は30年たった今も進行形(124日目)

「汚染水処理の結果が両国民の健康や安全、さらには海でつながる全ての国に与える影響について重く認識している」

 

韓国がまたぞろ、別の切り口から攻めてきましたね。1Fの原発事故の後始末は、日本としては突かれると一番痛いとこ。ジョーカーを切ってきました。

 

hagenotorisetsu.hatenablog.com

 

まあ、何を言っても通じない方々のようなので。論点のすり替えだし。とはいえ、福島以外の三陸沖の海産物は、宮城のホヤとか、韓国が一大消費先だったもんで何とかしないといけない問題でもあり。

 

ことほど左様に原子力は扱いが難しいですね。機械の制御のことじゃなくて、人の心の問題が。

 

とはいえ、当ブログはハゲネタが主戦場。外交は高い給料もらってるバッジ族にお任せしまして、原発事故と髪の毛について、2019年8月14日付の毎日新聞1面コラム「余禄」から。

 

チェルノブイリ原発の所長が理髪師に「原発の状況はどうか」と聞かれ、「すべて順調」と答えた。ほどなく、また同じ質問をされ、順調だと繰り返す。三度目になると、ついに所長は「なぜ同じことを聞くんだ!」▲理髪師は答えた。「すべて順調だと言うたびに、あなたの身の毛がよだち、散髪しやすいんですよ」。旧ソ連の情報隠しを皮肉る小話である。ソ連にはチェルノブイリのほかにも大量の放射性物質を放出しながら隠蔽されていた核事故もある

 

小話が包含する核への懸念は現実のものとなります。1986年、ウクライナ北部(旧ソ連)のチェルノブイリで原子炉の欠陥と運転員の熟練不足から出力が急上昇、爆発した原発事故です。

 

f:id:zzz2200:20190820083511j:plain

「石棺」って聞いて、若い人は分かるのかしら

 

臨界状態の核燃料はそのまま飛散。1万平方キロ(東京都と神奈川、千葉両県を合わせたのとほぼ同じ)の土地を高濃度に汚染しました。主要な汚染地域はロシア、ベラルーシウクライナにまたがり、原発から30キロ内は今も立ち入り禁止。避難・移住者は40万人に上ったそうです。

 

学生時代を福島で過ごしました。もう四半世紀近く前のことです。当然、原発事故なんて起きるずっと前で、餃子とモモがうまい県でした。

 

福島には地域が三つあって。原発があった浜通り、県庁などがある内陸部の中通り、藩政時代の中心地でさらに内陸の会津地方です。私は中通り住みだったから福島に魚介類のイメージはありませんが、今も福島の海ではちゃんとした操業ができない状態にあります。

 

1Fのあの事故から8年超。あの年に生まれた子はもう小3です。それだけ長い時間が過ぎたと感じます。

 

hagenotorisetsu.hatenablog.com

 

ところが、30年以上たつチェルノブイリ周辺のキノコなど一部の産品は今も、輸入規制の対象です。韓国のことではありません。日本が、今も規制しています。

 

まあ、キノコってセシウムを100%吸収しちゃう林産物なので、仕方がない側面はあるのですが、30年たっても、そういう現実があるって忘れちゃならんのでしょうね。

 

30年って1Fで言ったら、あと21年ちょっと。2040年ごろです。うわぁ、気が遠くなりますね。

 

私、もう65近くですわ。役職定年するにしても、まだ働いているのかなあ。もうハゲとか気にしないようになっちゃっているんでしょうか。

 

1Fの原発事故の時、私は34歳。その男が65歳になっても、事故がもたらした悪影響は残り続ける可能性が高いということで。等身大のことに置き換えると、原子力ってホント怖いと思います。

 

次から床屋さんに行ったら、そんなこと考えて「身の毛がよだつ」のでしょうかね。

 

さて、AGA(薄毛)治療生活は124日目。


f:id:zzz2200:20190820085742j:image

 

ちぃと薄いかな?