ハゲのトリセツ

毎日たのしーなー。

オナラしまくる年配の相部屋患者に悶々とした上、意を決して注意したった件(123日目)

心臓の手術を受けてきました。

 

若いころから不整脈があり、今年の健康診断の心電図検査で引っかかったもので。

 

正式には心房細動という病気で、脚の付け根からカテーテルを挿入し、心臓の血管の周囲を焼いて悪さしている血管を抑える手術です。アブレーション・カテーテルと呼ばれていて、結構、一般的に行われているようです。

 

まあ、心房細動の詳しい話はさておいて、病室という部屋の在り方について考えたことを一つ。

 

相部屋だったんです。かなり大きな病院で、一つのフロアに何十人て方がいらっしゃいました。私は二人部屋に4泊5日。たまたま隣のベッドが埋まらなくて、ほとんど一人で過ごしていました。

 

f:id:zzz2200:20190819130706j:plain

これは4人部屋ですが、実際はこの半分の病室でした

 

ところが最後の4泊目の日のお昼前、年配の男性が別室から移ってくることになりました。

 

ご年配の方に特有の丁寧な物言いをなさる男性で、なんつうか、もう慇懃無礼なほどで。「〇〇区から参りました△△と申します」。若輩者としては「はい、こちらこそ、よろしくお願いします」と言うだけでした。

 

丁寧な方だなあと思っていたら、カーテン越しに異音が聞こえてきました。

 

「ブゥッ」

 

まあ、まあ、まあ。ね。

 

スリッパと床のこすれた音かもしれないし。カバンのファスナーを閉める時も似たような音するし。

 

元が丁寧な方だったから、そう思うことにして、暇だろうと見越して持ち込んだ「ワンピース」全93巻読破計画を続けようと読み進めていました。

 

「ブゥッ…、ブゥーーー、ブッ」

 

また、あの音が。これはファスナーじゃねえな。スリッパでもない。しかも、この異音、何度も続きました。

 

でも、カーテンの向こうには奥さんらしき女性もいるけど、その人も何も言わないぞ? じゃあ、やっぱり聞き間違いかなあ。問いただして違ってたら、失礼にもほどがあるぞ、とかなんとか悶々としていました。

 

そのうち、奥さんと思われる女性がご帰宅。ご老人は一人になりました。

 

「ブッ、ブッ、ブッ、ブッ、ブゥーーーーーゥ、ブゥ」

 

長ぇよ( `ー´)ノ

 

こりゃあ、間違いなくアレだよね。失礼かどうかで言ったら、アッチだわな。

 

私「あのう、△△さん、オナラはやめてくださいよ」

ご老人「え?」(イヤホンをしてテレビを見ていたらしい)

私「オ・ナ・ラ、やめてください」

ご老人「ああ、ああ、すいません」(イヤホンを外してご回答)

続けてご老人「私、こっちの方も調子悪くて」(お腹をさすりながら)

私「どんな理由であれ、相部屋でオナラはやめてほしいんですが。ここはあなたの家じゃありませんよ」

ご老人「すいません、すいません」

 

別に追い込む気はありませんでしたが、「おなかの調子が悪い」というのは言い訳にならないと思うんです。

 

じゃあ、あなた、この病院に来るまでの地下鉄やバスの中でもオナラするの?ってな話になるわけで。

 

だいたいにして、みんなどこか調子が悪いから入院してるんじゃん。

 

ご丁寧な物言いをなさる大先輩でしたので少し気が引けましたが、療養中に体調以外に煩わされるのも嫌なので、きっぱり言わせていただきました。

 

その後、ご老人が時折、部屋を出て行って、しばらく戻ってこないということが続いたので、トイレでオナラをしていたのかもしれません。

 

ちょっと悪いことしたなあと思いはしたんですが、こっちも心臓の手術したばかりで、あまり気遣いできなかったです。こういう時って、どう振る舞うのが正解なんでしょうかねえ。

 

ちなみに、注意した1分後、ご老人は「熱中症対策」だとする塩飴を数個、お詫びの印にとくれようとしましたが、ちょっとこっちも調子悪くて、「ありがとうございます。お気持ちだけで結構です。少し調子が良くないので眠らせてください」とお伝えしました。

 

私は本日、2019年8月19日に退院しました。退院日って医師や看護師にいろいろ説明されるんで、相部屋患者は隣の患者がいなくなるって分かるんですよね。

 

看護師「〇〇さん、個室希望でしたよね。どうします?」

ご老人「いや、結構です。このまま、ここで」

 

オレがいなくなるから?

 

てか、オナラ注意されたから個室希望したの?

 

でも個室は高いから、お隣さん出ていくならいいかって考えた?

 

人生の先輩なのに、気をもませてスイマセンでした(;_;)/~~~

 

hagenotorisetsu.hatenablog.com

 

さて、AGA(薄毛)治療生活は123日目。入院中はできませんでしたが、カメラマン(嫁さん)がいるので、今日から再開します。


f:id:zzz2200:20190819133526j:image

 

 4泊5日じゃ、何ら変わらないですね。

 

ま、健康一番、ですねえ。